第43回少年少女囲碁認定大会の応援にいきました!

5/3㈷に第43回少年少女囲碁認定大会が行われました。 会場は毎度おなじみの日本棋院(市ヶ谷)です。

この大会はいつもと同じ段級位認定大会です。

自分で出たい級を決めて、勝ち越せば昇級認定、打ち分けで申請した級て認定、負け越した場合の認定は無し、というものです。 出たい級で出られるので、前回○級認定だったから、今回も○級で出ないといけない…ということはありません。 大会と大会の間には数ヶ月空くことが多くお子様はその間に上達するので、飛び級で大会に出ても全く問題がありません。 コロナが落ち着いてきたこともあってか、参加人数がコロナ前に近いところまで戻ってきたような印象を受けました。 どの教室でも、こども大会は晴れ舞台と考えますし、お子様にとっても非常に良い経験、練習になるので、人数が増えてきたというのは非常に嬉しく思います。 さて今回当教室からは 白菊教室  5名 田柄教室  2名 オアフ教室 6名 馬場教室  4名 と17名の参加でした!(浅野が把握している範囲です) 25~4級と幅広い参加となりました。 当教室を開講してから3年目となります。 これまで日本棋院含め色々な教室で色々な講師、子どもたちと出会い、指導方法やカリキュラムについては私なりに改善を加え続けてきたつもりです。 おかげさまで19路盤で打てるお子様もかなり増えてきました。 上達されるスピードも平均的に予想以上に早く、夏には初段になるお子様も出てくるかもしれません。 非常に楽しみです。 なお30級から参加できるため、当教室でいうとAランクあれば十分に参加が可能ですので、まだ出たことがないお子様については是非参加を検討されてみてください。 最後に今大会の成績優秀者は以下のとおりです。 素晴らしい結果でした。 ちひろ 4勝0敗(5級→3級)によりIランクからJランクに昇格 かいと 4勝0敗(21級→19級)によりCランクからDランクに昇格 かすみ 3勝1敗によりDランクからEランクに昇格 参加された皆様、お疲れ様でした!

閲覧数:112回

最新記事

すべて表示